大人ニキビについて考えてみる

大人になってからできるにきびは、思春期のにきびとは違います。
また、にきびの原因は、さまざまなことが考えられますので、その原因をさぐってみましょう。

大人のにきびの大きな原因としては、食生活の乱れ、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの崩れ、紫外線の影響などが挙げられます。

また、女性の場合は生理の前などに、にきびができやすい傾向があります。大人にきびをできにくくするためには、まず食生活を見直し、生活リズムを整えたりする必要があります。
そしてまた、メイクをしている場合はそれをしっかりと落とすという事も大切です。
大人にきびができている肌は、非常にデリケートな状態なので。できるだけ刺激を与えないようにしましょう。

にきびができているときは化粧品等の使用は避けたほうが無難。大人にきびが出来ている肌を隠そうとして、厚めに化粧品を付ける方がいるようですが、決して肌には良くありません。

その上、それが大人にきびを悪化させてしまう要因となりますので、充分気を付けてください。
大人にきびの化粧品を選ぶ際は「低刺激」と書かれた化粧品を使用すると良いでしょう。

低刺激化粧品とは、保存料やアルコール、香料などの肌に刺激のある物質を出来るだけ控え、使用試験を行った比較的安全性の高い化粧品のことをさします。そのため、一般の化粧品と比べ、大人にきびが出来ている肌には優しい化粧品と言えます。

しかし、化粧品に含まれる成分によっては、非常にデリケートな肌の方には合わない物質が含まれている場合もあるため、パッチテストなどを行ってから使用したほうが安心です。
大人にきびが大きい、大人にきびが長期間にわたって出続けている場合は、にきび跡が出来る可能性もあるため、念のため医師の診断を受けることをおススメします。

大人ニキビ専用の化粧水はこちら